メインイメージ画像

食品の置き換えで栄養価も満足感も得られる

人それぞれ異なる願いはありますが、健康な体でありたいという思いは誰もが持っていることです。しかも自分を取り巻く家族や友人を含めて同様に、健康に過ごしていて欲しいものと願っています。自分を含めた周囲の人たちが健やかであって欲しいという望みはどうやったら叶うのかを考察してみます。

人間が生きていく上で必要になってくるのが食べることだということは明らかなので、まずは食という観点から健康を考えていきます。人間には多くの欲望があり、その一つに食欲を挙げることができるでしょう。

しかし健康に過ごしたいのなら、この食欲を抑えなければならないこともあります。食欲を押止めるとはいうものの食事の量を減らすのではなく、食べ過ぎると健康を害する恐れがある食べ物を少なくして、その分栄養価の高い食べ物を食べる必要があるということを言いたいです。

例えば肉野菜炒めを作る場合を考えてみます。使う材料は豚肉、キャベツ、ニンジン、モヤシ等ですが、ここで工夫が必要なのが豚肉の量です。ずっと健康体を維持したいのであれば脂質が多い豚肉はあまり食べない方がよいのです。

しかしそのようなことで、単なる野菜炒めになってしまい、満腹感が満たされなくなってしまうのは避けたいものです。そこで提案したいのが豚肉を減らした分、練り物などを代用としてフライパンに投入するのです。練り物の中にはカルシウムは勿論のこと、人間には必要不可欠である必須アミノ酸がタンパク質の中に含まれています。これほどの栄養が摂れる上に脂質が少なく、食した時の満足感も得られるので文句なしの食材なのです。



現在まで食べてきた肉野菜炒めにいきなり練り物を混ぜて食べる事に関して抵抗を感じてしまう方は、少しずつ練り物を入れていけばいいのです。徐々に脂質の多い豚肉を減らしていき、時間が経つと、肉野菜炒めだったものが蒲鉾野菜炒めやツミレ野菜炒めと呼び方も変わっていく事が理想です。当然豚肉にもタンパク質やエネルギーとなる大切な栄養分も含まれているので全く食べてはいけないという意味ではありません。でも意識的に変えていかなければいつまで経っても食生活というものは変化しません。